• ホーム
  • ヘルペスの治療方法と薬の服用期間

ヘルペスの治療方法と薬の服用期間

落ち込んでいる男性

口の周りにできる「口唇ヘルペス」は、薬の服用で治療することが出来ます。
例えばゾビラックスがあります。
服用を始めて翌日には効果が現れる場合がありますが、5日間服用し続けることで、ゾビラックスでウィルスを除去することが出来ます。
発症初期にすぐ服用を開始することで早く症状を収めることが出来ます。

性器の周辺にできる「性器ヘルペス」も、薬の服用で治療を行いますが、完全にウィルスを撃退することは出来ません。
もちろん薬を服用すれば症状は治まりますが、再発を繰り返すというのが特徴的で、中には毎月のように再発する方もいます。
そのため、再発するたびに薬を服用する必要があります。

子供がよくかかるイメージのある「水ぼうそう」も、ヘルペスウイルス感染症の一種です。
こちらの治療法は、薬の服用と静養となります。
薬を5日間程服用することで症状は治まってきます。
ただ、子供の病気なので親が注意して見てあげなければ、早い段階での治療が出来ず、さらに病気を長引かせることになってしまいます。
ちなみに、二次感染を引き起こす危険があるため、全身の発疹が、かさぶた状になるまで学校などに登校できません。

「帯状疱疹」もヘルペスウイルスによる感染症です。
こちらも、薬を服用することで治療できます。
帯状疱疹は1か月程度ピリピリとした痛みがあり、その痛みに対して我慢できない場合は鎮痛剤を併用することもあります。
また、帯状疱疹は他のヘルペス感染症より症状が重いことから、薬の服用量・回数が多くなります。

ほとんどの場合、バルトレックスという薬を服用して治療しますが、この薬はウイルスを殺すのではなく増殖を抑えるというものです。
再発を防ぐ効果もありますので非常に多くの方が使用しています。

格安でバルトレックスを手に入れるなら通販を利用すると良いでしょう。
その際は到着までを見越して早めに購入するということが早期治療において重要です。