カプセルのスプーン

多くの人はヘルペスと聞いたら性病を思い浮かべる方が大半でしょう。
しかし実は人に感染するヘルペスウィルスは8種類も存在するといい、それぞれに発症する疾患や症状が異なります。
中でも比較的多いとされるのが単純ヘルペスウィルス2型による性器の疾患と、単純ヘルペスウィルス1型による口唇の疾患です。
また水痘や帯状疱疹ウイルスによる水ぼうそうと帯状疱疹の症状は、一度発症すると2度とかからないのが特徴といえます。

口唇ヘルペスの症状は最初は唇や口の周りの一部が赤くなり、やがてその箇所に小さな水ぶくれができるのが特徴です。
水ぶくれのできた患部は軽いかゆみを帯びて、ほてったり痛みを伴う場合もあります。
初感染の場合には口唇や周りの皮膚に水ぶくれが多発して、発熱したりリンパが腫れるなどの症状を伴うこともあります。

これは感染した時の体調にもよりますが、体力が低下しているなどの免疫力が弱っている時には症状が悪化しやすい傾向にあるようです。
また幼少時の初感染では症状は現れないか、現れても比較的軽度であることが多いようです。
一方大人になってから初感染すると症状が重症化することもあるので注意が必要です。

性器ヘルペスは主に性行為が原因で発症する性感染症の1つです。
男性と女性では症状に若干の違いがありますが、どちらも患部に水ぶくれや潰瘍を発生する点は共通しています。
初感染の場合は比較的女性の方が重症化する傾向が強いとされ、ひどい時には発熱や排尿困難を招くことも稀ではありません。
また男女ともに再発の際は小さな水ぶくれや潰瘍ができるだけの軽度で治まる場合が多いとされています。

どちらのヘルペス疾患も完治した後も免疫力の低下が原因で、再びヘルペスの症状が発症することがあります。
とはいえ再発の場合は初感染時に比べて症状は、軽くなっていくというのもこのウィルスの特徴といえます。